不動産投資ガイド トップ > リスクについて

不動産投資のリスク

リスクについて考える

不動産投資のリスクと対応策についてここでは考えていきます。

たびたびお話しているように、不動産投資はFXや株式に比べて安定した利益を見込める投資方法です。

しかし、投資である以上、リスクが必ずあります。そのリスクを回避するためには、しっかりとリスクを理解することが重要です。

では、どのようなリスクがあるのでしょうか?

 

[1]悪い物件を購入するリスク

悪い物件を購入すると、空室になってしまったり、家賃を滞納されたりしてしまいます。

 

[2]空室になってしまうリスク

当たり前のことですが、空室になってしまうと、家賃収入を得ることができません。

 

[3]家賃を滞納されるリスク

借りた人によっては、家賃を滞納してしまうこともあります。

 

[4]値下がりのリスク

不動産の価値が上昇し続けることはありません。下落についても考えておきましょう。

 

[5]流動性のリスク

不動産は資産ですから売却が可能です。しかし、すぐに買い手が見つからないというリスクがあります。

 

[6]地震や火事のリスク

地震の多い日本において、地震や火事のリスクについて考えておかなければなりません。

 

[7]住民とのトラブルについて

世の中、いろいろな人がいます。だからこそ面白いのですが不動産投資においてはリスクになります。

 

いかがですか?

このようなリスクについて、あらかじめ知っておくのと知らないのでは大きな違いがあります。

各ページには対応策も紹介していますので、確認してください。

次の記事>悪い物件を購入するリスク