不動産投資ガイド トップ > リスク > 住民とのトラブルについて

住民とのトラブルについて

住民とのトラブルとは?

購入した物件を借りるのは「人間」です。

人と人が集まれば、人間が原因のトラブルも発生します。

ここでは、人的要因のトラブルについて考えていきます。

代表的なものとしては、

強盗、殺人、自殺、孤独死など、

影響の多きものから、

騒音、ペット、ゴミなど、

影響の小さいものまであります。

このような人的要因のトラブルへの対策としてセキュリティ設備の完備などがあげられます。

しかし、一番ん大切なのは、入居者に対する審査が一番大きいでしょう。

また、リスクというのは、ゼロにすることはできません。

しかし、さまざまな方法を組み合わせ、損害額を小さくすることができます。

人的要因のトラブルに限らず、リスクを避ける努力だけでなく、損害額を小さくする努力も忘れないようにしましょう。

次の記事>物件購入の流れ