不動産投資ガイド トップ > リスク > 空室になってしまうリスク

空室リスクについて

空室になってしまうリスクとは?

不動産投資における収入のほとんどは家賃収入となっています。

そのため、せっかくの物件に入居者がいないと、収入を得ることができません。

それどころか、ローンの返済や管理費などは無くなりませんから、マイナスになってしまいます。

その意味で、空室というのは不動産投資における最大のリスクといっても良いでしょう。

通常の賃貸契約の場合、入居者は契約期間中であっても1ヶ月前に申し出れば退去することが可能なので、常に空室のリスクがあるということです。

では、このリスクを避けるにはどうしたらよいのでしょうか?

いくつか方法があるのですが、有名なものを紹介しましょう。

まずは、部屋の数を増やすことです。

1室だけだと、どうしても空室になると収益が0円になってしまうので苦しいところがあります。

それを2室、3室と増やすことで、リスクを軽減することができます。

また、人気エリアの物件を購入すれば、空室になってもすぐに入居者が集まるので、それもリスク回避のためには大切なことです。

それから、空室保障を利用するのも良いでしょう。

空室保障とは、空室が出た場合に不動産管理会社が家賃を保証してくれるサービスのことです。

このような方法で対策を取っていきますが、やはり、購入時にいかに優良な物件を選ぶかと言うことが大切です。

次の記事>家賃を滞納されるリスク