不動産投資ガイド トップ > メリット > ペイオフ対策について

副業禁止のサラリーマンの場合

不動産投資を使ってペイオフ対策を行う

ペイオフとは、銀行などの金融機関が倒産したときに、預けている普通預金や定額預金を一定の上限額までしか保障しないという仕組みのことです。

この上限額は1000万円までと決まっているので、もし、2000万円を預けている状態で銀行が倒産した場合、1000万円しか戻ってきません。

しかも、1000万円が戻ってくるといっても、すぐに全額をもらえるわけではなく、すぐにもらえる金額は60万円だけです。

当然、倒産になれば大混乱が予想されますし、残っている資金を取り戻すのにも煩雑な手続きが必要になるので、手元にお金がが戻ってくるまで相当な時間がかかることが目に見えています。

不動産投資のメリットとして、銀行が倒産しかたらといっても不動産の価値が変わるわけではないので、資産を守ることができます。

そして、毎月の家賃収入があるため、安定してお金を受け取ることが可能なのです。

リーマンショックでもわかるように、大企業の銀行といえども倒産の可能性がある時代です。

そのため、不動産投資を使えば効率よくペイオフのリスクを回避することができるのです。

次の記事>リスクについて