不動産投資ガイド トップ > メリット > 副業禁止のサラリーマンの場合

副業禁止のサラリーマンの場合

不動産投資は副業なのか?

多くの企業では、就業規則などによって社員の副業を禁止しています。

何を副業とするかは企業の規則によって違います。

たとえば、ほかの企業の取締役や役員になることを禁止しているだけの企業であれば、アルバイトはOKになりますし、とにかくほかの収入を得ることを禁止するという企業もあります。

では、不動産投資で収入を得ることは副業になるのでしょうか?

不動産投資は物件を経営することになりますので、ほかの企業で働くことを禁止しているような企業では、禁止行為になる可能性があります。

しかし、一般的には不動産投資が副業になるケースは多くありません。

というのも、「親が持っていた賃貸アパートを相続した」とか、「転勤した際にマイホームを他人に貸した」などは良くある話ですので、それを禁止してしまうのは難しいからです。

もし、不安なら会社の就業規則を確認してみましょう。

就業規則は法律で社員に見せないといけない書類ですので、必ず見ることができるはずです。

また、サラリーマンが不動産投資を行ううえで気になるのは、会社の人に内緒にしておきたいということでしょう。

不動産と聞くと多くの人は、お金持ちであると思いますし、そのためのやっかみもあるかもしれません。

不動産投資を始めると収入が大幅に増えることになるので、所得税や住民税が高くなります。

税金を給与天引きにしているなら、そこから会社にバレてしまう可能性が高くなります。

しかし、給与から天引きで税金を支払う方法を「特別徴収」と言うのですが、それを個人で税務署に支払う「普通徴収」にしてしまえば会社にバレることはまずありません。

次の記事>ペイオフ対策ができる