不動産投資ガイド トップ > メリット > 生命保険について

生命保険について

不動産投資を利用した生命保険

よっぽど潤沢に資金がある人は別ですが、普通は物件を買うときにローンを組みます。

このローンを組む際には住宅ローンを組むときと同じく団体信用生命保険に加入することになります。

この団体信用生命保険とは、ローンを組んだ人に万が一のことがあった場合に、最大で1億円までローンの残債を金融機関に支払ってくれるというものです。

高度障害の場合にも適用されます。

この団体信用生命保険は、金融機関ごとに保険料を納めることで、普通の生命保険よりも割安になっています。

しかも、金融機関によっては、この保険料を負担してくれるところもあります。

この保険の最大のメリットは、万が一のときに残された家族には返済が完了した物件が手元に残るということです。

万が一のときに保険金が一括で遺族に支払われる生命保険というよりも、遺族年金と言ったほうがイメージは近いかもしれません。

ローン返済額を上回っている限り、家賃収入が期待できる上に、万が一のときの保険にもなる。

一石二鳥とはまさに不動産投資のためにあるような言葉です。

次の記事>副業禁止のサラリーマンについて