不動産投資ガイド トップ > メリット > レバレッジについて

レバレッジ効果について

少ない資金で多額の投資ができる(レバレッジ)

言葉だけ聞くと、なんだかリスクが高いように聞こえてしまうかもしれません。

しかし、ここで言うレバレッジというのは、難しい話ではありません。

ちょっと想像してほしいのですが、マンションを1室購入するのにいくらくらい費用が必要だと思いますか?

物件によっても違いますが3000万円くらいの費用がかかります。

さすがに、いきなりそんな費用を捻出するのには無理がありますよね。

普通、住宅を購入するときには住宅ローンを組めますが、住宅ではありませんので、住宅ローンを組むことはできません。

しかし、購入する物件を担保にすれば、少ない資金で物件を購入することができます。

たとえば、資金が500万円もあれば、3000万円程度の物件を購入することができますし、100万円しかなくても、優良な物件を探すことが可能です。

このように、少ない資金で、大きなモノを購入することをレバレッジと言います。

株式投資では、信用取引を利用すれば3倍程度のレバレッジをかけることができます。

また、FXでは場合によっては100倍近いレバレッジをかけることが可能です。

ただし、FXはとてもリスクが高いので、失敗したときの損害も桁違いです。

それに比べて、不動産投資は高いレバレッジをかけることができるにもかかわらず、リスクがとても低いのが特徴です。

次の記事>節税効果について